FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

バールベック(観光)

2007年12月23日
270px-Baalbek002.jpg
バールベックは、レバノンの東部、ベイルートの北東約85km、ベカー高原の中央にある遺跡。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された物件でもある。

バールベック (アラビア語形でBa‘labakk بعلبک)とは、「ベカー高原の主神」を意味し、ここにフェニキアの神ハダド(バアル)が祀られていた事に由来するといわれている。

したがって本来はフェニキア系の神々の聖地だったと考えられる。

しかし後にギリシア・ローマ系の神々と習合し、祭神はジュピター、ビーナス、バッカスと呼ばれる様になった。

遺跡は、これら三神をそれぞれ祀る三つの神殿から構成されている。世界でも有数のローマ神殿跡である。

【行き方】
バールベックはシリアとレバノンの国境の町シュトゥーラから
北東に車で1時間弱の場所にあります。

値段はシュトゥーラから乗り合いのワゴンで3000LL、
ベイルートのコーラバス停からは8000LLで、3時間弱かかります。

ダマスのバラミケステーションから直のタクシーがあるという情報もあるのですが、
定かではないです。
ちなみにダマスのバラミケからシュトゥーラまでは250SPで1時間ちょいです。

遺跡への入場料は大人12000LL、学生、ディプロマは7000LLです。


スポンサーサイト
西アジア レバノン | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示