FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

パルミラの遺跡(観光)

2007年12月23日
palmyra3.jpg
シリアの首都ダマスカスの北東、約200kmの砂漠の中にある。

北から流れるワジアブオベイド川と、西から流れるワジアイド川が形成した扇状地に建設された。

紀元前3世紀頃から多数の地下墓地が建設され、当時からアラム語で現在の現地名と同じく תדמר Tadmor と呼ばれていた。

ナツメヤシの産地として知られたオアシス都市であったが、アラム語やヘブライ語など北西セム語ではナツメヤシのことを תמר tamar といい、ナツメヤシと都市名に関係があるされて、ギリシア語でナツメヤシのことを「パルマ」ということから、ギリシア人やローマ人から「パルミラ」と呼ばれたようである。

ローマ様式の建造物が多数残っている。ローマ式の円形劇場や、公共浴場、四面門が代表的。



【行き方】

■エアー&ツアー情報

シリアの玄関口は首都ダマスカス。日本から直行便はないので、ドバイやモスクワなど西アジアやヨーロッパの諸都市を経由する。格安航空券で10万円前後から。ダマスカスからパルミラまで約200kmで、バスは数種類あるが、だいたい3~5時間ほど。

ツアーは7日間25万円前後から。2007年7月現在、シリアには「古都ダマスカス」「古代都市ボスラ」「パルミラの遺跡」「古都アレッポ」「クラック・デ・シュバリエとサラディン城」という5つの世界遺産があり、ツアーではこの多くを回ることができる。

オススメはレバノンやヨルダンと合わせたツアーで、特に中東三大遺跡(すべて世界遺産)と言われるシリアのパルミラ、レバノンのバールベック、ヨルダンのペトラを回るもの。これにクラック・デ・シュバリエと死海を加えれば、中東を存分に楽しむことができるだろう。

■ベスト・シーズン

雨はほとんど気にする必要がない。夏は非常に暑く、地表面は50度に達する一方で、冬の夜の最低気温は氷点下になることもある。ということで、ベスト・シーズンは春(3~5月)と秋(10月~12月)。

スポンサーサイト
西アジア シリア | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示