FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

九寨溝(中国)

2007年12月16日
275px-Kyusaiko.jpg

九寨溝(きゅうさいこう)は中国四川省北部のガパ州にある自然保護区である。ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。本稿では九寨溝とその周辺の地域について記述する。

九寨溝は石灰岩質の岷山山脈(びんざんさんみゃく)中、標高3400mから2000mに大小100以上の沼が連なる、カルスト地形の淡水の湖水地帯である。

岷山山脈から流れ出た水が、滝を作り、棚田状に湖沼が連なる。

水は透明度が高く、山脈から流れ込んできた石灰石が沼底に沈殿し、日中には青、夕方にはオレンジなど独特の色を放つ。また、流れに乗って運ばれてきた腐葉土に植物が生え独特の景観を見せる。ジャイアントパンダの生息地としても有名である。

チベット人など少数民族の居住地としても知られ、「九寨溝」の名も、チベット人の村が9つあることから付けられたものである。

1970年代に森林伐採の労働者によって偶然に発見された。自然保護のため付近の開発が制限され、1日の入場者数も制限されているが、中国屈指の人気観光地のひとつである。

従来は約400km離れた成都からのバスが唯一のアクセス手段であったが、2003年九寨黄竜空港(九寨溝溝口までは83キロ、黄竜渓までは52キロ)が設けられた。



スポンサーサイト
東アジア 中国 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示